アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

バイブルが私のバイブル ーコヘレトの言葉ー

f:id:aoneworld:20180825002423j:plain

私はアメリカに来てクリスチャン(プロテスタント)になった。

 

なぜ?と問われると、なかなか説明が難しい。ただ、色々知って行くうちに、「しっくり来た」という感じ? 生きて行く上で私が疑問に思っていたことについて、聖書を教わったり知って行く中で答えが出て来たとでも言おうか。

 

日本では、田舎の先祖代々続く家に育ったため、バリバリの仏教だった。祖父母と共に仏壇に向かって般若心経を唱えた。今でも般若心経の最初の数節(節で数えるのか?!)は暗記している。神社には初詣や願掛けに行き、おみくじもしたしお守りも購入した。お寺も行けば賽銭も投げていた。それが当たり前のこととして生活の一部となっており、仏教の「信者」という感覚は無かった。ただただ、それが普通のことだった。

 

さて、バックグラウンドに仏教の思想がある私に、めちゃくちゃしっくり来るバイブルの章がある。それが、旧約聖書の「コヘレトの言葉」だ。まさに「諸行無常」の世界観で御言葉が書かれている大好きな章だ。こちらは私独自のコヘレトの言葉の章の要約数例⬇︎

 

  • 人間は一人で生まれ、そして一人でこの世をさる。
  • 身を粉にして働いても、怠惰に一生を過ごしても、末は一緒
  • この世では不公平な事や不条理な事も多く、いつも正義が行われるわけじゃない
  • 知識が増えれば、悩みが増える
  • 本当にこの世で生きるのは空しい(むなしい)

 

バイブルというのは解釈が人それぞれ。私がこのコヘレトの言葉から得た教えはこう⬇︎

 

  • 私たち人間は、自分がいつこの世をさる事になるかは分からない。
  • 人間にとっては、目の前の仕事やすべきことに一生懸命に取り組み、おいしいものを飲み食いして、愛すべき人と過ごし、日々を楽しむ以上の幸福は無い。
  • 富や名声なんてどうせ死ぬときはそんなもんどこにも持って行けないし、自分の存在だって忘れ去られる。
  • 死ぬ時(judgement day)に天国に行けずに後悔しないよう、正義・愛・平和を重んじて神に胸を張れる生き方をしようじゃないか!

 

うん、しっくりくるな。

 

今を生きなさい」という事なんだよな。

 

仕事を辞めて時間がある今日この頃、ふと開いたバイブルのコヘレトの言葉の箇所。

 

ちなみに私は、バイブルを全章読んだことがありません。特に旧約聖書。

 

だって長いんだもーーーーーん。