アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

なぜデフォルトが「子供はいる」前提じゃなきゃいけないの?

f:id:aoneworld:20180617093448j:plain

タイトルの「子供はいる」の「いる」は、「もう子供が居る」というのと、「子供必要/ほしい」という両方の意味。

 

子供がいてもおかしくない年齢、なんなら今から子供をもつにはリスクが発生してくる妙齢の私。

 

初めて会うアメリカ人とかに「Do you have kids?」聞かれても、「No」と返事して終わり。

 

これが相手が日本人だとこうはいかない。

 

まず「子供がほしいのにできない」前提で、ちょっとバツが悪い感じの表情をされるので、「あ、欲しくないんです。」と答える。

 

するともっと微妙な表情をされる。まるで私が、子供を持つ彼女の人生を否定してしまったようないやな雰囲気になる。女子の私が「欲しくない。」とはっきり発言する事がありえないようだ。

 

そしてこう言われる。

 

  • 彼は子供がほしいとか言わないの?
  • 親御さんは孫に会いたいとか言わない?
  • でも子供はかわいいよー。
  • 子供を持つ事でえる幸せもたくさんあるよ。
  • あとで「欲しいな。」と思っても、今度はなかなかできにくくなったりするよ。
  • 早めに産まないと、育児が大変だよ。

 

とりあえず、「子供がいない私はかわいそう。」的なジャッジをされる。

 

なんだかなぁー。

 

ここで私がこういう話をする。

 

  • 子供を持つという違う人生に興味が無いわけじゃない。
  • 自分は気分で動くので、子供を持つと色々と制約ができてむずかしい。
  • 自分勝手な生活を子供には強要できない。
  • 自分とは違う人間の人生の責任を負えない。
  • もともと子供と遊ぶのがにがて。
  • 走り回る子供をかわいいと思わない。
  • 私が産まなくても、世の中はまわっていく。

 

するともっとイヤな雰囲気になる。私は正直に答えたまでだ。

 

結果「子供の予定にふりまわされてるあなたの人生、楽しいの?」という態度をしているみたいだ、私。

 

論破したいんじゃない。価値観をおしつけるんじゃない!と言いたい。

 

そして絶対これからの時代、このデフォルトを変えなきゃいけないんだ、と。

 

欲しいのに出来ない、望まないのに出来た、作る気もない、いろいろ事情は人それぞれ。

 

アメリカ人のように「子供はいるの?」「はい/いいえ」で終わるようにならなきゃ、日本。

 

「その他大勢」の一般常識を他人に強要する必要なんてどこにもないんだから。