アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

30代から60代の洋楽好きさん、集まれ〜〜 MTV VMA 1992

この前のKendrick Lamar(ケンドリックラマー)のピューリッツァー賞受賞から、私の中のWest side Hip Hopのブームが再燃し、部屋を掃除したり他作業する時のBGMにDr.DreやTupac、SnoopやWarren G、そしてNWAを流すようになった。

 

90年代の古い感じの動画を観ていたら段々と他のジャンルの音楽も古いやつを聴きたくなってきた。

 

そういう時は、手っ取り早く「MTV Video Music Award」のシリーズを観てみよう!とYoutubeを漁る。


MTV Awards 1992 Nirvana Pearl Jam Red Hot Chili Peppers Live

私が中学生時代にTVからVHSのビデオに録画した、1992年のMTV VMAがフルでアップロードされているではありませんか!(でもフルバージョンはあいにくブログに貼り付け不可。代わりにニルバーナのパフォーマンスを)

 

これ観たら30代から50、60代の方々はきっと盛り上がるはず!

 

しょっぱなブラッククロウズから始まり、ボビーブラウンのパフォーマンスがある。レッチリも入れば、ガンズアンドローゼズもいて、ニルバーナもいればパールジャムもいる。ヴァンヘイレン、U2やクイーン、ミックジャガーも出てきて、マイケルジャクソンがイギリスから中継でパフォーマンスし、エルトンジョンやエリッククラプトン、ブライアンアダムスが普通にパフォーマンスする。

 

2018年現在の音楽シーンと大違いの音楽の幅広さよ。

 

トラビススコットやジャスティンビーバー、フィフスハーモニーやショーンメンデスとか、HIp HopなのかEDMなのかPopsなのかRockなのかなんなのか分からん薄っぺらい音楽が流行るこの世の中、1990年代の濃さがガツンと響く。(ジャスティンビーバーは好き)カートコバーンが喋ってるよ。アクセルローズが喋ってるよ。

 

そして、観客がパフォーマーに向かって携帯をかざす異様な光景もない。みんな純粋にライブを楽しんでいる。(最も、携帯なんてその頃平野ノラの肩からかけてるやつぐらい大きかったから誰も持ってなかった?はず)

 

日本のTVでは日本語字幕が付いていたけど、あいにく私のVHSは全て廃棄してしまった。このYoutubeの動画は当たり前だが、日本語はおろか英語の字幕もない。アメリカに憧れて民放のテレビで放送されている洋楽関係の番組を片っ端からビデオ録画していた私。あの情熱を上回るものは現在持ち合わせていない。

 

さぁ、しばらく1990年代のMTV VMAに浸りますか。