アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

日本語が恋しい時にもNetflixは私を裏切らない事を知った

さぁさぁさぁさぁ!Netflixが止まりませんよ!

 

この暇有り車なし底辺人間は、Netflixだけが友達ですよ!

 

なんだか日本語で観たくなって、「あ!アニメだったら日本語で英語字幕だな!」とアニメのセレクションを見る。

 

ピンク色で緑の学ランを着た、頭にチュパチャップスを付けた男の子が主人公のやつ、ANAの飛行機の中で観た大好きなケントヤマザキの実写のアニメのやつじゃん。

 

f:id:aoneworld:20180415031315j:plain

 

斉木楠雄のΨ難のアニメ、試しに観てみよう。

 

ムムム、めちゃ面白いやないの。

 

No wonder why最近日本でアニメの実写がものすごい勢いで行われてる事。

 

帝一の國(私的に最高!)といい、銀魂といい面白いの作るなぁ。

 

アメリカ在住にしてそれに気づく。

 

無職の私はシーズン1を一気に観てしまい、また日本語恋しい症状を継続中。

 

NetflixがSuggestしてくれた「Midnight Diner(深夜食堂)」のドラマを観てみよう。

 

f:id:aoneworld:20180415031334j:plain

 

冒頭の、人々が忙しなく行き交う東京の喧騒の映像と、小さな食堂で行われる一人一人の人生物語が最高に泣かせる。

 

涙腺が崩壊ですわ。

 

みなさんいい演技されるわぁ~。しかもそれぞれの回に素朴な料理が紹介される。

 

深夜食堂を観ている最中に帰宅した彼氏に、「なんで泣いてるの?」と笑われるここ数日。