アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

確定申告(Tax return)しました。貯金はすっからかんです。オバマの野郎。。はぁ〜〜

f:id:aoneworld:20180403031443j:plain

 

 アメリカの確定申告(Tax return)は毎年4月中旬が締め切りとなっています。

 

 まじでオバマケアってなんなんですかね?私のような中の下の生活水準を保つ人間には、キツイことこの上ありません。オバマケアという医療制度改革により、低所得者やシングルマザー等の方々には年収に応じて低い金額で保険を提供し、医療費も安くなっていますが、この中の下の収入を維持する私たちにはこのオバマケアの恩恵を受ける資格はなく、会社の提供する保険に入るか、個人で保険に入るかしか有りません。私は昨年仕事を変わったり日本へ帰ったりしたため、合計半年ぐらいしか医療保険に入っていませんでした。ちなみに彼は無保険です。このオバマケアが始まってから、「医療保険に入ってない人」は、確定申告でペナルティを払うという意味のわからない義務が課せられました。

 

 と言っても、去年まではゆるい会計事務所は「今年はまだそこまで税務局が管理できてないから、ペナルティ無視ろうね。でももし税務局が手紙とか送って来たら、払ってね。」と確定申告時にペナルティを払わされる事はありませんでした。

 

 しかし、今年。税務局は「ペナルティは?払ってないの?じゃぁ確定申告させてあげません。」と強行手段に出たそうで、会計士が「今年だけはペナルティ払わなきゃ行けないわ。でも来年からは大丈夫だとおもう。途中で変な民主党政治家がわめき出さなきゃね。」と言っており、結局私たちはペナルティを払うことに。二人合わせて合計1400ドルぐらいの支払いです。いやぁ〜無職の私にはキツイ。(働けよ)税金として足りずに払うべきは200ドルぐらいで、あとは保険のペナルティです。医療保険を受けられないのに、保険のペナルティ。すごい制度だわ、改めて考えると。

 

 トランプ支持のうちの会計士曰く、「来年は税金の控除率が上がるから、優遇されるはずだよ。」とのこと。それでペナルティ制度も無くなるなら万々歳だけど。。。