アメリカ社会で底辺の生活をする人のブログ

〜日本に帰りたい。でも帰れない..〜

マツコデラックスに共感した日

 先日「かりそめ天国」という番組を観ていたら、マツコデラックス氏が「英語の発音とか恥ずかしい〜。」と言われていた。私は「分かる分かる、その気持ち。」と共感した。

 

 私も日本人の前で英語っぽい発音するの恥ずかしいのです。日本のOL時代に一瞬通ったECCのグループセッションで授業を受けていた時に感じた、「日本人同士の英会話って(笑)」というなんだかくすぐったい気分を思い出す。

 

 日本人同士の場では今もそんな感じですが、アメリカ人相手にはそうはいきません。だから本気で英語を勉強したい場合は、やっぱり英語を話す外国人相手にしないと発音は治らないと思います。なにせ通じないので。今までどれだけアメリカ人の「huh?」という言葉と、私の発音から言っている事を理解しようとした微妙な表情を見てきたことでしょう。あの表情、マジで切ないんです。みんな眉毛を八の字にして。(笑)

 

 英会話学校に行き始めた頃、「ankle(くるぶし)がなんたらかんたら」という文章をクラスで読み上げたところ、先生が爆笑した。クラスメイトはなんで先生が笑ってるのか分からず。私が爆笑を買った理由はこう。私が典型的な日本語発音で「アンクル」と言ったから。アンクルはuncle(おじさん)という意味になるからです。ankle(くるぶし)は正確にはェアンクルという発音になり、もっと正しくいうと、ェアンコーみたいな感じとなります。

 

 英語を始め他言語には、日本語にはない発音がたくさん有ります。しっかり成長してから英語を勉強し始めた私には、その小さな違いを聞き分ける能力が欠けている気がします。私はOL経験後渡米しましたが、高校卒業後すぐに留学した子、高校から留学して来ている子は英語の流暢さが際立つ気がします。私も学生時代から海外に憧れるだけでなく、短期留学等もトライすべきだったと後悔しています。